和婚ブーム到来!日本古来の挙式スタイル「仏前式」の魅力とは!?

 

日本古来の挙式スタイル「仏前式」

 

とても特別なものと思われがちな仏前式ですが、この挙式の始まりは自宅の仏間で行われていました。

 

「仏前式」の特徴

◆現世の結びつきはもちろん、来世での結びつきまで誓い合う。

「二人が出会い、奇遇にも結婚することは、運命であり宿縁である」というような縁を大切にするというところ。

 

◆チャペルウエディングの「誓いの言葉」がなく。

僧侶から新郎新婦へ数珠が授けられる「念珠授与」という儀式がある。

 

◆仏教を深く信仰している人が選ぶ挙式。

新郎や家族が僧侶、仏教関係者ということもあるが、近年は厳かな雰囲気に魅了され選ぶ人もいるよう。どちらにしても仏教や仏前式の考え方に共感できる人が選んでいます。

 

「仏前式」の魅力

ご先祖様を大切にする気持ちが芽生える事。

ご先祖様の前で結婚の報告をする仏前式では、ご先祖様の存在を再確認し、自然に敬う気持ちが芽生えます。

ご先祖様があって、改めて今の自分がいることを感じるところが魅力の一つだと思います。

 

 

ところが、仏前式には気をつけないといけないことがあります。

 

 

宗派が違うと挙式できない!?

ご先祖様に結婚を報告する事を主旨としているため、両家の宗派が異なる場合は、どちらの宗派で挙式をするか決めなければなりません。

 

 

基本的には親族のみの挙式!

仏前式は基本的に親族のみで厳かに執り行われます。

そのため、チャペルウエディングのように友人や同僚は自由に参列はできません。

例外もありますが、基本的には披露宴からの参加になります。

 

 

 

敷居の高そうと思われがちな仏前式ですが、

日本古来の挙式スタイルの魅力が少しでも伝われば幸いです。